1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 庇部分からのサビで御影石バーナー仕上げが茶色いシミに

施工事例

庇部分からのサビで御影石バーナー仕上げが茶色いシミに

御影石のバーナー仕上げの床がサビで茶色いシミに



あるビルの庇が、経年で塗料が剥げてしまい、鉄部分がサビてしまい、床の犬走りの御影石のバーナー仕上げに垂れてしまい、茶色く変色してしまっています。

石用のサビ抜き剤を塗布して、しばらく放置して、サビを抜き、犬走り部分を全面洗浄をして完了しました。

ミレ サビ.jpg


ビルの庇部分の塗料が剥げて鉄部分がサビてしまい、雨水の時に床の御影石のバーナー仕上げに垂れてしまい、御影石が茶色く変色してしまっています。


mi-re sabigenin.jpg


御影石のサビ抜きは二種類使用可 


御影石の場合、サビの除去方法は、中性タイプと、酸性タイプの二種が使用できるので、サビ抜きの選択の幅が広がるので抜ける率が高くなります。

まずは、本当にサビかどうかの確認も含めて、中性タイプのサビ抜き剤を塗布します。

しっかりとサビに反応しているのでしばらく放置します。

あまり抜けが悪くなってきたら、今度は酸性タイプのシミ抜き剤を塗布して、サビをしっかりと抜いていきます。

外構で、経年の汚れもかなり付着しているので、サビ抜きをした部分は、石に付着した汚れもかなり取れてしまうので、犬走り全面を洗浄してバランスよく仕上げていきます。

全面が、黒御影石のバーナー仕上げのしっかりとしたグレー色になり完了することが出来ました。
  • 庇部分からのサビで御影石バーナー仕上げが茶色いシミにのサムネイル
    1.御影石バーナー仕上げに付着したサビシミ
    1.御影石バーナー仕上げに付着したサビシミ
  • 庇部分からのサビで御影石バーナー仕上げが茶色いシミにのサムネイル
    2.犬走りに点々とサビが付着
    2.犬走りに点々とサビが付着
  • 庇部分からのサビで御影石バーナー仕上げが茶色いシミにのサムネイル
    3.中性タイプのサビ抜き剤を塗布
    3.中性タイプのサビ抜き剤を塗布
  • 庇部分からのサビで御影石バーナー仕上げが茶色いシミにのサムネイル
    4.サビ抜き後、床部分も洗浄をする
    4.サビ抜き後、床部分も洗浄をする

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ