1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 十和田石のシミ抜き

施工事例

十和田石のシミ抜き

今日の石材メンテナンスは、十和田石の浴室のシミ抜きです。使用して、6か月経つのですが、石の乾燥状態が良くないようで、いろいろなシミが出てきています。

今回は、浴槽の立上り部分に茶色いシミが出始めており、通常の清掃では取りきれないということでご依頼いただきました。

十和田石の性質として、吸水性が高く、濡れると深い緑色になるのが鮮やかで、多くの温泉施設でも好んで使用されています。また、凝灰岩特有の細かいピンホールが無数にあるので、滑り難い性質を持っています。

しかしその反面、きめが粗く無数のピンホールがあるがために、水を吸いやすく、乾燥しにくい部分からは、カビや藻が発生しやすくなります。また石鹸カスや人間のアカなどの汚れも吸ってしまうので、経年変化で汚れ分が蓄積されると滑りやすい表層になってしまいます。

そのため、普段の清掃は、デッキブラシなどで石の表面の汚れを取り除く必要があります。


さて、今回のシミ抜きは、やはり石の裏面からの原因のようで、石の表面をいくら擦っても取れないので、シミ抜き剤を塗布し、浸透させて除去していく方法を取りました。
この方法なら、普通の清掃では取れないシミを除去することができます。

  • 十和田石のシミ抜きのサムネイル
    浴槽立上り部分の茶色いシミ
    浴槽立上り部分の茶色いシミ
  • 十和田石のシミ抜きのサムネイル
    シミ抜き後
    シミ抜き後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ