1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. シール(コーキング)のシミ抜き施工

施工事例

シール(コーキング)のシミ抜き施工

 あるオフィスビルの風除室に、写真のようにシールの染み出しによる石の濡れジミが発生しています。

 こうなると、普通の洗浄だけでは綺麗にならないので、目地部分を中心にシミ抜き施工を行います。

 まず、シミ抜き前の下地洗浄を、洗剤や溶剤を使用し、しっかりと行います。
 その後に、シミ抜き剤を注入してから、乾燥しない様に養生をし、しばらく放置して湿布します。

 約1時間後、シミ抜き剤を取り除き、しっかりとすすぎ洗浄を行い、更に、石全体も洗浄し乾燥させます。

 石が乾燥後、シミが残っていないようなので、現場監督に確認して頂き終了となりました。翌日には、シール復旧となります。


  • シール(コーキング)のシミ抜き施工のサムネイル
    1.シール(コーキング)シミ抜き施工前
    1.シール(コーキング)シミ抜き施工前
  • シール(コーキング)のシミ抜き施工のサムネイル
    2.溶剤や洗剤で、シミ抜き前の下地洗浄をする
    2.溶剤や洗剤で、シミ抜き前の下地洗浄をする
  • シール(コーキング)のシミ抜き施工のサムネイル
    3.下地洗浄後、シミ抜き剤を塗布していく
    3.下地洗浄後、シミ抜き剤を塗布していく
  • シール(コーキング)のシミ抜き施工のサムネイル
    4.シミ抜き施工後
    4.シミ抜き施工後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ