1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 御影石についた、潤滑油シミ

施工事例

御影石についた、潤滑油シミ

シャッターの動きを良くするために、潤滑油をスプレーしたのですが、床にまで垂れてしまい、油の濡れジミが出来てしまっています。

まずは、表層に残っている、油分を分解するために、油抜き剤を塗布して1時間くらい湿布します。

その後に、石目深くまで入り込んだ油が再発しないように、アルカリ洗剤でしっかりと洗浄を行います。

よくすすぎ、乾燥をさせたら、現場担当者にご確認いただき完了となりました。

  • 御影石についた、潤滑油シミのサムネイル
    1.オイルシミ
    1.オイルシミ
  • 御影石についた、潤滑油シミのサムネイル
    2.油シミ抜き湿布
    2.油シミ抜き湿布
  • 御影石についた、潤滑油シミのサムネイル
    3.石目から再発しないように、しっかりとアルカリ洗浄をします。
    3.石目から再発しないように、しっかりとアルカリ洗浄をします。
  • 御影石についた、潤滑油シミのサムネイル
    4.油シミ抜き完了後
    4.油シミ抜き完了後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ