1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 御影石床に付いたタイヤワックスシミ抜き

施工事例

御影石床に付いたタイヤワックスシミ抜き

 オフィスビルのエントランスの御影石床で、タイヤを横にしてタイヤ用のワックスをスプレーしたため、タイヤからはみ出したワックスが、少し円形になって濡れシミを作ってしまったようです。

 調べてみると、タイヤワックスの成分は、シリコンと書いてあるので、おそらく油シミと似たようなシミ抜き方法を取っていきます。

 まずは、シミ部分のみをシミ抜きしていくと、石自体についた汚れも洗浄もしてしまい、シミ抜きした部分が綺麗になって返って目立ってしまうので、範囲を区切って洗浄し、それからシミ抜き作業に入ります。

 全体洗浄に使用する洗剤は、シミ抜き施工と同じ、石材用アルカリ洗剤で、洗浄後に取りきれなかった部分を、個別にシミ抜きしていきます。

きつい油シミは、石の目を開かせるために、表面をかたいブラシで粗した後に、シミ抜きをしていくと有効で、

何回か、上記の工程を繰り返し、シミを抜いていきます。


  • 御影石床に付いたタイヤワックスシミ抜きのサムネイル
    タイヤワックスのスプレーが石について出来たシミ
    タイヤワックスのスプレーが石について出来たシミ
  • 御影石床に付いたタイヤワックスシミ抜きのサムネイル
    まずは、範囲を区切り全体洗浄をする
    まずは、範囲を区切り全体洗浄をする
  • 御影石床に付いたタイヤワックスシミ抜きのサムネイル
    シミのきついところは、石の目をブラッシングしてからシミ抜きします
    シミのきついところは、石の目をブラッシングしてからシミ抜きします
  • 御影石床に付いたタイヤワックスシミ抜きのサムネイル
    シミ抜き作業後
    シミ抜き作業後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ