1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. ブティック入口大理石床に植木鉢から流れ出た水の茶色いシミが

施工事例

ブティック入口大理石床に植木鉢から流れ出た水の茶色いシミが

大理石の床石に植木鉢より流れ出た水の茶色いシミが

あるデパートのブティックの入口の大理石床に、イベント用にお花が飾ってあり、水やりした時に花瓶より水が流れ出て、花台の鉄板や木部から茶色い液が大理石に移ってシミとなってしまったようです。

メインのシミはサビとのことでしたので紫色に反応させるサビ抜き剤と塗布して、更に木の薄茶のシミ抜きをして無事に完了しました。

2.takasabihanno.JPG

シミが出来たのは2、3日前、シミ抜きは有効と判断

店舗にイベント用の花を収めている業者様より、写真付きでシミ抜きの依頼がきました。
高級ブティックで大切なクライアントということもあり、お店のイメージ的にも良くないので、「急ぎの対応でお願いしたい」とのことでした。

生花のため水やりした時に花瓶等からあふれ出てしまい、花台の木や台座の鉄板等から伝って床の大理石にまで水が回ってしまったようです。

写真の濃い茶色の部分がサビシミで、その周辺に薄く木液のシミが付着しているとこのことです。(写真では照明があまりに明るく木のシミは分かりづらいですが)

サビシミの場合、あまり期間が長いと、過去に完全除去に至らなかった経緯があるので、その旨をお伝えして、メールのやり取りから状況を聞いてみると、「追加の水やりをしたのは2日前なので、シミが出来てから2日か3日くらいしか経っていない」 とのことです。

これならば、何とか抜けると思い、2日後の店舗閉店後にシミ抜きに入りました。

すぐにサビ抜き剤に反応。完全除去へ

店舗が閉まる20時くらいから施工に入り、まずサビ抜き剤を塗布してみると、塗って2分くらいして紫色に反応してきました。 
しっかりとサビの原形通りに紫に反応したので、「これはいける!」、と確信しました。

更に、追い塗りして放置時間を取り、ハケで原形の部分を擦ってみると、しっかりと茶色いシミが抜けているのが目視出来たので、薬剤を綺麗に回収してすすぎ洗いを行いました。

ライトが明るすぎて分かりにくい木部のシミは、業者様に「この辺りに木シミが出ていると」指示を受け、それよりも大きめにシミ抜き剤を塗布して除去しました。

最後にドライヤーで急速乾燥後、お店の方にもチェックして頂きOKが出たので完了しました。
収めた業者様は「もしシミが取れなかったら、貼り換えをしないといけないかと思っていた」、と心配されていたので、解決出来てホッとしました。


  • ブティック入口大理石床に植木鉢から流れ出た水の茶色いシミがのサムネイル
    1.花台より流れ出て付いたサビ等による茶シミ
    1.花台より流れ出て付いたサビ等による茶シミ
  • ブティック入口大理石床に植木鉢から流れ出た水の茶色いシミがのサムネイル
    2.サビシミの形通りに反応する
    2.サビシミの形通りに反応する
  • ブティック入口大理石床に植木鉢から流れ出た水の茶色いシミがのサムネイル
    3.サビの原形が消えました。
    3.サビの原形が消えました。
  • ブティック入口大理石床に植木鉢から流れ出た水の茶色いシミがのサムネイル
    4.サビシミ抜き完了後
    4.サビシミ抜き完了後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ