1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. マンションのエントランスの御影石バーナー床に油を垂らしたような濡れジミが

施工事例

マンションのエントランスの御影石バーナー床に油を垂らしたような濡れジミが

マンションのエントランスの御影バーナー床石に点々と線状にできた油の濃い濡れジミが


1-1.上永谷シミ抜き.JPG

あるマンションのエントランスの共用部分の御影石床に、油のようなものを垂らしてしまったようで、点々とエントランスを縦断するように濃い濡れジミが出来てしまい目立ってしまっています。

油専用のシミ抜き剤を塗布して2時間以上の湿布を行い、全体洗浄をして目立たない状態にまで仕上げることが出来ました。


「油シミのよです。写真から概算金額を教えて下さい」


ホームページをご覧のマンションの管理組合の方から、お問合せフォームに写真を添付されて「油シミのようです。写真を添付するので概算お見積りをお知らせください」という問い合わせが入りました。

写真のようにエントランスの端から端まで点々と斜めに油を垂らしたようで、油の部分だけのシミ抜きでは、シミ抜きしたところが綺麗になってしまい、かえって目立ってしまうので、油シミ抜きをした後にエントランスの床石の全面洗浄をしましょうという提案をしました。

更に、後日、先方の都合を聞いて、現地で一番目立つ部分のテスト施工を行い、油シミの抜ける事の確認とシミ抜き部分がどうしても他の部分と比べて石が綺麗になってしまうことをご覧になっていただきました。

これだけ縦断のシミの場合、全面洗浄をしないと格好がつかない旨を改めて説明して、お見積りを作成することになりました。


今回は、保険対応をするようなので、しばらく審査に時間がかかりましたが、弊社の提案通りに施工を行うことになりました。


まずは、油のシミ抜きを


油のシミは、ただ洗浄をしただけでは、シミは取り切れないので、まず、湿布施工を行います。

今回は、約2時間の湿布を行いました。

2.上永谷 湿布.JPG


2時間後にシミ抜き剤を取り除き、簡単なすすぎ洗浄を行いまして、次に、全体洗浄を行いました。


十分にすすぎ洗浄をして、バキュームで乾燥後、手直し作業を行いまして、ほとんど目立たないくらいに仕上げることが出来ました。

4.上永谷 施工完了後.JPG

担当の管理人さんや清掃担当者様にも「問題ないです。大丈夫です。」いわれまして、無事に施工を完了しました。

翌日、はじめにお問合せ頂いた管理組合の方からもメールで、「大変綺麗にして頂きましてありがとうございました」というお言葉を頂きまして、私もホッとしました。
  • マンションのエントランスの御影石バーナー床に油を垂らしたような濡れジミがのサムネイル
    1.油を垂らしたことによる線状のシミ
    1.油を垂らしたことによる線状のシミ
  • マンションのエントランスの御影石バーナー床に油を垂らしたような濡れジミがのサムネイル
    2.シミ部分へシミ抜き剤を塗布してラップする(湿布施工)
    2.シミ部分へシミ抜き剤を塗布してラップする(湿布施工)
  • マンションのエントランスの御影石バーナー床に油を垂らしたような濡れジミがのサムネイル
    3.湿布後、シミ部分へ更にシミ抜きをかけてから全体洗浄をする
    3.湿布後、シミ部分へ更にシミ抜きをかけてから全体洗浄をする
  • マンションのエントランスの御影石バーナー床に油を垂らしたような濡れジミがのサムネイル
    4.施工完了後
    4.施工完了後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ