1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. ビアンコ(大理石)の巾木のサビ抜きテスト施工

施工事例

ビアンコ(大理石)の巾木のサビ抜きテスト施工

 あるオフィスビルのエレベーターホールの壁石の巾木部分が写真のように茶色く変色しています。

 これは、ビアンコという大理石特有の症状で、石の成分の鉄分が酸化して錆びた状態になっています。

 今回はテスト施工で一部分ですが、現場によって完全除去できる場合とできない場合があるので、テスト施工は必須です。

 まず、サビ抜き剤を塗布して、40分くらい反応させていきます。

 ある程度、サビが反応して抜けてきたら、中和剤を塗布してすすぎ洗いをします。

 よく乾燥させてから、 サビシミが残っているようでしたら、繰り返し上記を行います。



  • ビアンコ(大理石)の巾木のサビ抜きテスト施工のサムネイル
    1.ビアンコ特有のサビシミ
    1.ビアンコ特有のサビシミ
  • ビアンコ(大理石)の巾木のサビ抜きテスト施工のサムネイル
    2.サビ抜き剤塗布
    2.サビ抜き剤塗布
  • ビアンコ(大理石)の巾木のサビ抜きテスト施工のサムネイル
    3.時間をかけてサビシミに反応させていきます。
    3.時間をかけてサビシミに反応させていきます。
  • ビアンコ(大理石)の巾木のサビ抜きテスト施工のサムネイル
    4.サビ抜き後
    4.サビ抜き後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ