1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 20年来に出来た御影石の扇シミ痕除去

施工事例

20年来に出来た御影石の扇シミ痕除去

 赤御影石の床部分に、扇状の白いシミが出来ています。

 今回は、引き渡しまでの時間があまりなく、写真で判断しての現場入りとなりましたので、「完全除去は難しいでしょう」という旨をお話しての本施工になりました。

 本施工当日は、雨天で、シミの部分が少し分かりづらくなってしまいましたが、まずサビの部分へ薬剤を塗布して、紫色に反応させます。

 ある程度、サビが抜けたら、扇上の型に添って、水垢除去の作業を行います。
 始めは、ケレンやワイヤーブラシで、可能な限り厚い層になっている汚れを取り除き、その後に酸性洗剤を塗布して除去していきます。

 上記工程を繰り返し、最後に、全体のバランスを整えるために、ポリッシャー洗浄をして完了しました。 

 想像以上に、きれいに、均一感が出たので良かったです。


  • 20年来に出来た御影石の扇シミ痕除去のサムネイル
    1.恐らく水垢等によって出来たシミ。その他サビも出ています。
    1.恐らく水垢等によって出来たシミ。その他サビも出ています。
  • 20年来に出来た御影石の扇シミ痕除去のサムネイル
    2.施工当日は、雨天によって、分かりずらいものの、しっかり扇シミは出ています。
    2.施工当日は、雨天によって、分かりずらいものの、しっかり扇シミは出ています。
  • 20年来に出来た御影石の扇シミ痕除去のサムネイル
    3.サビ部分にサビ抜き剤を塗布して、反応させる
    3.サビ部分にサビ抜き剤を塗布して、反応させる
  • 20年来に出来た御影石の扇シミ痕除去のサムネイル
    4.施工完了後、扇の形はほとんど目立たなくなりました。
    4.施工完了後、扇の形はほとんど目立たなくなりました。

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材のシミ抜き』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ