1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 古い温泉施設のタイルん付着した茶色い汚れ

施工事例

古い温泉施設のタイルん付着した茶色い汚れ

水の成分でタイルが茶色に


旅館の風呂の洗い場床や壁部分が茶色に変色しています。
天然石用の洗剤のさび抜きや水垢除去洗浄を繰り返して、元の赤みのあるタイルの下地を出していきました。

3.kinpo huroato.jpg



「温泉旅館を再営業するのでお風呂場の汚れを取ってもらえませんか?」


ある温泉施設が閉鎖して、何年も使われておらず床面は茶色に変色しています。
水が乾燥して茶色くなるのは、温泉自体が茶色い成分が多い場合と、配管のサビが考えられます。


どちらも鉄分が関係しているので、まずはこの茶色が鉄の酸化かどうかをチャックする方法があります。

石用のさび抜き剤を塗布してみます。


2.kinpo murasaki.jpg

しばらくすると紫色に変色してきたら、完全に鉄の参加によるサビと判断ができます。
洗浄方法が決まれば、あと使う洗剤が決まってきます。


ただ、お風呂場なので、水の成分の鉄分以外に、その他、ミネラル等が乾燥してできる水垢も含んだり、人間の足についている皮脂、あとは、石鹸等も付着しています。


更に、木の浴槽がタイル上に直においてあって、木のアクもタイルにしみついています。

1.kipo huro.jpg
これらを分解するために、酸性洗剤や、アルカリ洗剤、更に、漂白系の洗剤も必要になります。



本施工


洗剤を塗布して、ポリで物理的洗浄を2~3度洗浄を繰り返して茶色いシミを抜いていきます。

少しづつではありますが反応していくのできつい部分は、更にケレンやワイヤーブラシで削っていきます。


6.kinpo keren.jpg


最後は、よくすすぎ洗い後に、乾燥させて違和感がないようなので完了としました。
  • 古い温泉施設のタイルん付着した茶色い汚れのサムネイル
    1.お風呂場洗い場床に付着した茶色い汚れ
    1.お風呂場洗い場床に付着した茶色い汚れ
  • 古い温泉施設のタイルん付着した茶色い汚れのサムネイル
    2.洗剤の塗布
    2.洗剤の塗布
  • 古い温泉施設のタイルん付着した茶色い汚れのサムネイル
    3.ポリッシャー洗浄
    3.ポリッシャー洗浄
  • 古い温泉施設のタイルん付着した茶色い汚れのサムネイル
    4.汚れ除去確認後乾燥
    4.汚れ除去確認後乾燥

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の洗浄・汚れ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ