1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 大理石に出る茶色いシミは?

施工事例

大理石に出る茶色いシミは?

改修工事で、物を外した時に付いていた茶色のシミ抜きです。
以前に何を置いてあるかがはっきりしていれば、対応は早いのですが、原因がはっきりしない場合、
茶色のシミが出来る主な原因は3つ考えられます。
1、鉄製のものが置いてありそれが錆びついた場合。
2、段ボールやコンパネ等が置いてあり、それが水や湿気で色が抜け落ちて石に移る場合。
3、家具の塗料等の色素がついた場合。
写真で見る限り、この茶色のシミは
1番か2番が妥当の線と思い、それぞれ、サビ抜き剤やシミ抜き剤を塗布しましたが、全く反応しませんでした。
最後に一番可能性の低いと思っていた、3番の色素シミ・・・・対応洗剤は塩素系のシミ抜き剤を塗布してしばらく反応を見ると、かなり抜けてきました。
見た目では判断できないシミ抜き施工のいい例で、原因の分からないシミの場合は、自分で勝手に判断しないで、必ず3種類のテスト施工を各所で行う必要がある格好の例になりました。
  • 大理石に出る茶色いシミは?のサムネイル
    施工前
    施工前
  • 大理石に出る茶色いシミは?のサムネイル
    施工後
    施工後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の洗浄・汚れ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ