1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 玄関の大理石にいつの間にか付いてしまう茶色いシミ

施工事例

玄関の大理石にいつの間にか付いてしまう茶色いシミ

雨などの日に革靴を濡れたままにして放置しておくと、いつの間にか茶色い点々としたシミが付いていることがあります。

このシミのほとんどは、靴墨が濡れて溶けだして、石目に染み込んでしまうことから付いたシミです。

一度、付いてしまうと厄介で、拭いたり、ブラッシングしても取れません。

この場合、石材用シミ抜き剤を塗布して顔料を分解していきます。

塗布して20分くらいして、ドライヤーで温めると効果的です。

抜くことが出来ました。


  • 玄関の大理石にいつの間にか付いてしまう茶色いシミのサムネイル
    茶色い縦長のシミが付着
    茶色い縦長のシミが付着
  • 玄関の大理石にいつの間にか付いてしまう茶色いシミのサムネイル
    シミ抜き剤を塗布して放置
    シミ抜き剤を塗布して放置
  • 玄関の大理石にいつの間にか付いてしまう茶色いシミのサムネイル
    シミ抜き後
    シミ抜き後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の洗浄・汚れ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ