1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 風呂場の笠石の水垢除去はケレン掛けだけではダメです。

施工事例

風呂場の笠石の水垢除去はケレン掛けだけではダメです。

本日の石材メンテナンスは、ある学生寮のお風呂場の洗浄からです。

 学生たちが、こまめに清掃はしているのですが、お風呂場の場合、経年変化で、水垢や、カビ等は自然に付着していきます。

 写真のような、お風呂の笠石部分は、常に水が溜まっては乾燥を繰り返す所なので、厚い層になってしまい、一般的な洗浄だけでは取りきれない汚れに変わってきてしまいます。

 特に御影石などの天然石の場合、石目の中に水垢の成分が食い込んでしまうために、

ケレン掛けをしただけでは、表面の水垢が取れる程度で、完全除去には至りません。

そうなると、ケレン掛けをした後に、ダイヤモンド研磨をして表面に食い込んだ水垢を除去していく施工を行います。

ダイヤモンド研磨のコツは、熱くなるくらいに、回転を上げて回し続けることが大切です。
 
繰り返しそのような施工をすると、表面の光沢が復元してきます。

最後に、水垢が付着しにくくなるように、

表面にコート施工をして完了となります。

 

 


  • 風呂場の笠石の水垢除去はケレン掛けだけではダメです。のサムネイル
    風呂場の笠石に付いた水垢
    風呂場の笠石に付いた水垢
  • 風呂場の笠石の水垢除去はケレン掛けだけではダメです。のサムネイル
    表面に付着した水垢はケレンで取り除いていきます
    表面に付着した水垢はケレンで取り除いていきます
  • 風呂場の笠石の水垢除去はケレン掛けだけではダメです。のサムネイル
    ダイヤモンド研磨+コート施工完了後
    ダイヤモンド研磨+コート施工完了後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の洗浄・汚れ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ