1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 大理石汚れ落とし(受付カウンターの手垢シミ抜き)

施工事例

大理石汚れ落とし(受付カウンターの手垢シミ抜き)

あるオフィスビルの受付カウンターが、長年の使用で、手垢が大理石に染み込んでしまい、黄ばんだ汚れになっています。

こうなると、表面の洗浄だけでは綺麗に取りきれないので、湿布を行います。

石目に入り込んだ汚れは人間の手垢(油脂等)なので、漂白系の洗剤を選択し、たっぷりと石に塗布し、ラッピングして、一日間放置します。

この時に注意が必要で、大理石の立上り部分に、洗剤が垂れてそのまま放置してしまうと、垂れたままの形に漂白してしまい、新たな立てラインのシミが出来てしまうので、ラップの回り縁には、乾いたウエスを置いて洗剤を堰き止めることが大切です。

こうして翌日、ラップをはがして、十分にすすぎ、乾燥させると、白い大理石の表面が出てきました。

この後は、十分に乾燥させてから、汚れが染みつかない様に、浸透性の防汚剤を塗布しておくことが大切です。
  • 大理石汚れ落とし(受付カウンターの手垢シミ抜き)のサムネイル
    大理石カウンターの汚れ 石目に染み込んで黄ばんでいます
    大理石カウンターの汚れ 石目に染み込んで黄ばんでいます
  • 大理石汚れ落とし(受付カウンターの手垢シミ抜き)のサムネイル
    湿布施工をして、一日放置して、汚れを分解していきます。
    湿布施工をして、一日放置して、汚れを分解していきます。
  • 大理石汚れ落とし(受付カウンターの手垢シミ抜き)のサムネイル
    湿布洗浄後 黄ばみが大分とれました
    湿布洗浄後 黄ばみが大分とれました

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の洗浄・汚れ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ