1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 登録有形文化財の外壁洗浄

施工事例

登録有形文化財の外壁洗浄

今日の石材メンテナンスは、築80年以上の建物の外壁洗浄です。以前は、商工会議所として使用され、現在では法人会館として利用されている、登録有形文化財に指定されている建物です。

平成8年に文化財指定されてから、建物の保存状態を良くするために、外壁部分は、定期的に洗浄及び、コート施工を行っています。弊社は、その保存チーム中で洗浄部門を担当させていただき、今施工で2回目になります。

鉄筋コンクリート造りですが、外壁材には、小石のチップをセメントに混ぜ込んだテラゾー仕様になっています。

前回の施工から6年近くたっているので、当然雨だれによる水垢等の汚れは付いていて、陽の当らないような所はカビも発生しています。

全体の洗浄は、高圧洗浄機で、アルカリ洗剤を使用して、汚れを取っていきます。

汚れのきつい部分、特に笠石などがある部分は、経年変化で笠の部分の汚れが溜まってゆっくりと壁面を流れ落ちるので、壁の立てライン上の汚れがセメントの中に入り込んで、高圧洗浄だけでは取りきれなくなります。このような所では、シミ抜き用の酸性洗剤を使用して抜いていきます。

その他は、モルタル剤の裏面に水が回っているところは、アルカリ水を吸い上げて薄茶色のシミになっているところがあり、シミ抜き湿布をして抜いていきました。

  • 登録有形文化財の外壁洗浄のサムネイル
    雨水等の垂れジミ 洗浄前
    雨水等の垂れジミ 洗浄前
  • 登録有形文化財の外壁洗浄のサムネイル
    垂れジミ、洗浄後
    垂れジミ、洗浄後
  • 登録有形文化財の外壁洗浄のサムネイル
    裏面から吸いあがって、薄茶色のシミを作っている
    裏面から吸いあがって、薄茶色のシミを作っている
  • 登録有形文化財の外壁洗浄のサムネイル
    茶色シミ洗浄後
    茶色シミ洗浄後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の洗浄・汚れ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ