1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. オフィスビル、エントランスのウェット仕上げ

施工事例

オフィスビル、エントランスのウェット仕上げ

オフィスビルの改修工事で、エントランスの床石の濡れ色仕上げ(ウェットコート)の依頼が来ました。築10年以上で、見た目の印象を変えるために、全体を黒っぽい仕上げにしたい意向のようです。
石種は、インパラブラック系で、回り縁の黒い本磨きの石と同じものです。

バーナー仕上げにすると、写真のようなグレー色になるのが特徴の石種で、 この状態が、白っ茶けて見えて嫌というオーナー様もたまにいらっしゃいます。

さて施工ですが、最初に、シッカリとコートが浸透するように、全体を良く洗浄します。更に、洗浄後に残った部分的にあるシミもまた除去していきます。

最後に、本磨きの部分は、より濃くツヤが上がるように研磨をして、コントラストを出し、十分に乾燥時間を取ってから、ウェットコートを塗布して完了しました。この現場は、常に歩行がある所なので、乾燥の早いADセラレジンの5番を使い仕上げました。

今回のようなウェット仕上げは、黒御影石を貼った飲食店などでは、シミや油汚れが付きやすく、シミが付くとすぐに黒くなってまうような現場では、初めからウェット仕上げにして、汚れを目立ちにくくすることが出来るので応用編として良く利用されたりしています。
  • オフィスビル、エントランスのウェット仕上げのサムネイル
    施工前
    施工前
  • オフィスビル、エントランスのウェット仕上げのサムネイル
    部分的にシミ抜き施工をして、コートの入りを良くする
    部分的にシミ抜き施工をして、コートの入りを良くする
  • オフィスビル、エントランスのウェット仕上げのサムネイル
    本磨きの部分は更に研磨して光沢を上げる
    本磨きの部分は更に研磨して光沢を上げる
  • オフィスビル、エントランスのウェット仕上げのサムネイル
    ウェットコート完了後
    ウェットコート完了後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の保護剤塗布(汚れ防止コート・吸い上げ防止コート)』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ