1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 黒御影石バーナー仕上げのお風呂場のメンテナンス

施工事例

黒御影石バーナー仕上げのお風呂場のメンテナンス

黒御影石のバーナー仕上げの浴室の床が水垢で全体が白く汚れて

あるマンションのお風呂で黒御影石のバーナー仕上げが床に貼ってあるのですが、経年で汚れが付着して全体的に白っぽくなってしまっています。

水垢や石鹸カス等の除去洗浄を行った後に、ウェットコートを塗布して黒御影石バーナー仕上げの黒みを出す仕上げを行いました。

2.shimiz serahanbun.JPG


「お風呂場を掃除屋さんにお願いしたんだけどあまり綺麗にならなかったのですが、どうしたらいいですか?」

HPをご覧になっている方から問い合わせが入りました。 「お風呂のお掃除ということで業者を入れたんだけどお風呂場の石があまり綺麗にならなかったんだよね。お宅ではどんなことをしてくれるの?」という問い合わせが入りました。

お話をしていくと、洗い場の床面に黒い御影石のバーナー仕上げが使われているようで、全体的に白っぽくなってきていて汚らしいということです


お風呂場で付着する汚れは、石鹸カスや皮脂汚れ、更に水に含まれるカルキ分が乾燥することによる水垢等の複合的な汚れになります。

どの汚れも乾いてしまうと白っぽくなってしまい、黒御影石だけに白い汚れは目立ってしまいます。


洗浄では洗剤の使い分けが必要


黒御影石バーナー仕上げに付着した汚れは乾いていくと石に強く付着するので、それらを除去するためには、専用の洗剤を使い分ける必要があります。

皮脂や石鹸カスに対しては、汚れを分解するためにアルカリの洗浄が必要になり、水垢を分解するためには、酸性洗剤での洗浄が必要になります。


経年の汚れ除去後の仕上げには、ウェットコート仕上げがお勧め!


黒御影石バーナー仕上げの場合、普段使いの清掃でもブラシ等使ったり、また、歩行やお風呂の椅子の引きずり等で石自体が摩耗して白っぽくなってしまいます。


更に、今回のように石の本格的な洗浄のために使う洗剤やパット類でも石自体の表層が荒れるので、汚れ除去の洗浄後をした後は黒御影石バーナー仕上げの本来の黒さよりは、少し白く仕上がってしまいます。

2-1simiz senjyogo.JPG
(水垢等の洗浄後の状態)


今回のような黒御影石バーナー仕上げの石に対しては、洗浄の施工後に、ウェットコートの塗布を推奨しております。


なぜなら黒御影石本来の黒みが増していき、とても見栄えが良くなるのでお客様には大変喜ばれることが多いからです。


ウェットコート塗布後でも汚れが再付着するのは避けられない


ただ、いつまでも黒みが維持できるわけでもなくお風呂を使用することによって、元のような白い汚れが付いていってしまうのは止めることが出来ません。

黒御影石のバーナー仕上げのお風呂を使う場合は、今回の場合のように定期的なメンテナンスによってリフレッシュ工事が必要になってしまいます。

ウェットコートは一度塗布しても、しっかり水垢等の除去洗浄することでまた、繰り返し塗布できるのがメリットです

  • 黒御影石バーナー仕上げのお風呂場のメンテナンスのサムネイル
    1.黒御影石バーナー仕上げに付いた白い汚れ
    1.黒御影石バーナー仕上げに付いた白い汚れ
  • 黒御影石バーナー仕上げのお風呂場のメンテナンスのサムネイル
    2.洗剤にて洗浄中
    2.洗剤にて洗浄中
  • 黒御影石バーナー仕上げのお風呂場のメンテナンスのサムネイル
    3.ウェットコート塗布
    3.ウェットコート塗布
  • 黒御影石バーナー仕上げのお風呂場のメンテナンスのサムネイル
    4.ウェットコート全面塗布後
    4.ウェットコート全面塗布後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の洗浄・汚れ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ