1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 御影石水磨きの壁に付いてしまった引越時のコンパネのテープ養生のノリ痕除去方法

施工事例

御影石水磨きの壁に付いてしまった引越時のコンパネのテープ養生のノリ痕除去方法

テープ養生のノリ痕は、濃い直線のシミに!


1.□bunkyosengoku   sekoumae.jpg

あるマンションで、引越時に御影石壁を傷つけないようにと、コンパネで壁の養生をするのですが、新築マンションのオーナー様が一斉に引っ越してくると、月単位で、養生をかけっぱなしになることが多いです。


2~3週間もテープを貼ったままにしておくと、特に夏場の場合、テープのノリの成分が溶けだして、御影石の石目の中に入り込んで直線のノリジミを作ってしまいます。


こうなると、表面の洗浄だけでは取り切れなくなってしまい、シミ抜きが必要になります。


テープのノリ専用のシミ抜き剤を塗布して、30分くらい放置してノリの成分を分解していきます。

2.□bunkyo sengokusiminuktohu.jpg

そのあとは、シミ抜き剤の除去とすすぎ洗いをして、仕上がりを確認していきます。

石目深くに入り込んでいる場合は、薄っすらと、直線のシミが残ってしまうので、同じ作業を繰り返して、目立たなくなるまでに仕上げていきます。
  • 御影石水磨きの壁に付いてしまった引越時のコンパネのテープ養生のノリ痕除去方法のサムネイル
    1.テープ痕 シミ抜き前
    1.テープ痕 シミ抜き前
  • 御影石水磨きの壁に付いてしまった引越時のコンパネのテープ養生のノリ痕除去方法のサムネイル
    2.テープのり専用のシミ抜き剤を塗布
    2.テープのり専用のシミ抜き剤を塗布
  • 御影石水磨きの壁に付いてしまった引越時のコンパネのテープ養生のノリ痕除去方法のサムネイル
    3.シミ抜き施工後
    3.シミ抜き施工後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『引越し時の養生テープなどの跡ジミ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ