1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 御影石シミ抜き(引越時のテープ養生シミ抜き)

施工事例

御影石シミ抜き(引越時のテープ養生シミ抜き)

引越時のテープ養生のシミ抜き施工は、マンションなどで、良くある事例です。
 
分譲後に、購入者が一斉に入居するため、床面や壁面を保護するためにコンパネ等で養生するのですが、固定するテープのりが、長く放置されると、のりの成分が石目に入り込んでしまい、ライン状のシミが出来てしまいます。

こうなると、のりの成分を溶かしきらないとシミは抜けないので、数種類の溶剤を使用し、シミを抜いていきます。

また、築年数の経っている建物の場合は、シミ抜き部分のみ施工すると、その部分だけが洗浄され、綺麗になってしまい、新たなシミのように見えてしますので、全体洗浄が必要になる場合もあります。

今回は、1ラインに付き、5回から10回のシミ抜き作業を行い何とか目立たなくなるまで、持ってくることが出来ました。

  • 御影石シミ抜き(引越時のテープ養生シミ抜き)のサムネイル
    テープのりが染みこんで出来る洗浄のシミ
    テープのりが染みこんで出来る洗浄のシミ
  • 御影石シミ抜き(引越時のテープ養生シミ抜き)のサムネイル
    シミ抜き後 洗浄のシミは抜けました
    シミ抜き後 洗浄のシミは抜けました
  • 御影石シミ抜き(引越時のテープ養生シミ抜き)のサムネイル
    溶剤を使ってのりを溶かしていきます
    溶剤を使ってのりを溶かしていきます
  • 御影石シミ抜き(引越時のテープ養生シミ抜き)のサムネイル
    シミ抜き後
    シミ抜き後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『引越し時の養生テープなどの跡ジミ除去』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ