1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 黒いテラゾーのカウンターに酸の洗剤がついて白く

施工事例

黒いテラゾーのカウンターに酸の洗剤がついて白く

黒い洗面カウンターでは、水アカの汚れや、石鹸等で日常の使用でだんだんとい白くなってきたり、ツヤが飛んできます。

特に水アカが付着すると頑固な汚れになってしまい、通常の洗剤では取りにくくなってしまいます。

水アカに有効なのは、酸性系の洗剤なのですが、黒系の洗面カウンター特に大理石や、テラゾーの場合は、洗剤が付いただけで、大理石やセメント系テラゾーの表層が溶けてしまいます。

その場合、黒い色や、濃い色の石の場合、白く色抜けしてしまいます。

今回の現場が正にその状態になります。

1.adachi mae■.jpg


こうなりますとダイヤモンド研磨にて、溶けてしまい凹んだ部分まで研磨をして、ツヤを上げるように再生いく必要があります。

何工程か番程をあげていき、最後は、黒の色味をだし、また、汚れ防止用にウェットコート処理をして完了します。

日常使用でのツヤボケも今回は程度が軽いようで、復元できました。

5.adachi-siage2■.jpg
  • 黒いテラゾーのカウンターに酸の洗剤がついて白くのサムネイル
    1.酸の洗剤によって白く色抜け
    1.酸の洗剤によって白く色抜け
  • 黒いテラゾーのカウンターに酸の洗剤がついて白くのサムネイル
    2.こちらは、日常使用でのツヤボケ
    2.こちらは、日常使用でのツヤボケ
  • 黒いテラゾーのカウンターに酸の洗剤がついて白くのサムネイル
    3.ダイヤモンド研磨作業
    3.ダイヤモンド研磨作業
  • 黒いテラゾーのカウンターに酸の洗剤がついて白くのサムネイル
    4.施工完了 ウェットコートも塗布してあります
    4.施工完了 ウェットコートも塗布してあります

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材の研磨・ツヤだし復元処理』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ