1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 大理石の白華現象(エフロ現象)

施工事例

大理石の白華現象(エフロ現象)

大理石のエフロ現象の施工例です。今回は茨城まで出張でした。窓に近い部分の大理石の床がエフロ現象で粉を噴きはじめ、写真のようにツヤが無くなってしまったとのことです。

外部は池に常に水が溜まっている状態で、湿気が多く、石の裏面にかなりの結露が出来ているのではないかと思われます。
その上、大理石(クレマ・マーフィル)の表面もかなり剥離(石の筋目に亀裂が入ってきている状態)してきています。
そして、コンクリートのアクも吸上げて、石にこべりついて、カッター刃で削ってみるとセメントのアルカリ成分で、鏡面も侵されてツヤがなくなってしまっているのです。

こうなると、ダイヤを使っての研磨か、乾式のバフ工法しか復元できません。一応両方の道具を持っていきましたが、できれば水を使いたくないので、乾式のバフ工法からはじめました。表面に突起のように付いているコンクリートのアクは最初にすべて削って、バフ掛けをし易くするのが、作業をはかどらせるコツです。

20平米くらいの面積しかありませんでしたが、3人でほぼ一日を費やして、何とか終わらせる事が出来ました。
  • 大理石の白華現象(エフロ現象)のサムネイル
    施工前
    施工前
  • 大理石の白華現象(エフロ現象)のサムネイル
    施工後
    施工後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材エフロ(白華粉噴き)現象・濡れ色現象処理』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ