1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. ジュラ系ライムストーンへ浸透性コート施工

施工事例

ジュラ系ライムストーンへ浸透性コート施工

ジュラ系のライムストーンの塀に浸透性のコートを塗布する作業です。
ご覧のように、雨の次の日の写真ですが、とても吸水性が高い石なので、汚れ防止を含めて、浸透性の吸収防止剤(ADスーパー)と塗布施工します。
コートを塗布することによって、石の中に水分がたまらなくなるので、汚れが付かなくなる以外に、
*水の侵入や乾燥からくる劣化防止効果や
*カビの発生の防止効果等
が期待できるので、早めの対応が必要です。
まずは、ト―チ等で雨で濡れた表面を乾燥させて、
石の中から、湿気が戻ってこないことを確認してから、自然乾燥させます。
その後に、ローラーでコートを塗布していきます。
最近は、雨も酸性質なので、石の目の中に水分が入り込んでいくと劣化が早まるので、今回のような浸透性の吸収防止剤を塗布することによって、石の寿命を延ばしてあげる事が必要ですね。
  • ジュラ系ライムストーンへ浸透性コート施工のサムネイル
    施工前
    施工前
  • ジュラ系ライムストーンへ浸透性コート施工のサムネイル
    施工後
    施工後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材エフロ(白華粉噴き)現象・濡れ色現象処理』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ