1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 擬石の初期白華

施工事例

擬石の初期白華

擬石の場合、施工後、雨に当たって乾燥するときに、白く白華する事があります。
これは、コンクリートの灰汁なのですが、薬品は酸性の洗剤を使いますが、酸の選択と濃度に注意しないと、擬石の色が抜けてしまうので、
テスト洗浄を繰り返してから、全体に塗布していき、
あまり時間を置かないですすぎをします。
出ているのは部分的ですが、再発防止のために全体洗いをして、
充分に乾燥後(3日間以上の晴れの後に)
白華防止用の浸透性の吸収防止剤を塗布します。
  • 擬石の初期白華のサムネイル
    施工前
    施工前
  • 擬石の初期白華のサムネイル
    施工後
    施工後

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材エフロ(白華粉噴き)現象・濡れ色現象処理』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ