1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. セラミックタイルのお風呂は裸足で一層滑りやすく

施工事例

セラミックタイルのお風呂は裸足で一層滑りやすく

セラミックタイルの浴室の洗い場床は、裸足なので更に滑りやすい


あるホテルの大浴場の洗い場床にセラミックタイルが敷いてあるのですが、転倒事故があったようで、急遽、防滑処理の依頼が入りました。

防滑処理後に、自分の足でも、一つ一つ滑りにくくなっているかを確かめて完了しました。

3.kawag boukatsu.JPG
(防滑処理中)



「転倒事故があったので、すぐに滑り止めをしてください」

以前からセラミックタイルが滑りやすいということで、一度現地調査をしたことがある現場なのですが、その時は、張替え用のセラミックタイルに防滑剤を塗布して、滑りにくくなっているのかの確認と、セラミックタイルの色味の変化(防滑処理をするとタイルの色がさめ白っぽくなることがあります)を確認しただけで終わってしまいました。


この時の防滑処理剤の放置時間は、5分間で、かなり滑り抵抗が出たので、十分に効果があることを確認しておきました。


本施工

お見積提出後数か月が過ぎましたので、来年にでも予算を取って行うのだろうなと思っていたところ、お風呂場での転倒事故があったようで、急遽すぐにでも施工に入って下さいとの依頼が入りました。


既にテスト済みの現場でしたから、施工の流れはある程度よめていましたし、防滑剤の在庫もありましたので施工には入りやすかったです。


まずは、下地処理洗浄から

既に使用されている浴室なので、石鹸カスや体から出る皮脂汚れ、また、水道水からの水垢等汚れの付着があるので、下地洗浄をしっかりと行います。

これが防滑処理をする上での一番の肝になります。

石鹸カスの汚れ、皮脂汚れ⇒   アルカリ洗剤で床面を洗浄していきます

その次には、水道水や、お風呂の湯水から出る水垢⇒  こちらは酸性洗剤になります。

この2次洗浄が大切になります。 セラミックタイルの本来の下地を出して、バキュームクリーナー(水専用の掃除機)で水気をとります。

ここから防滑処理に入っていきます。


現地調査でのテスト施工では5分間の放置時間でした。 
でも今回、「実際に転倒事故があったので、出来る限り滑らないようにという注文が入りました。

そこで、8分という放置時間に変更しました。

3-2.kawag boukatsu.JPG



「あれ? 効くところと、全く効いてないところがある-!」


8分、経ってから、たっぷりの水ですすぎ洗いをして、一度、バキュームクリーナーで汚水を吸い上げてから、本当に効果があるかのチェックです。

また、セラミックタイル全面に水をかけて濡らして、自分自身も長靴から裸足になって、一枚一枚防滑効果を確かめていきました。

4.kawag ashicheck.JPG

セラミックタイルの場合、足で、確かめていくとすごく効いている部分と、全くというほど効いていない部分との差が激しさがあるのです。

以前にも外国製のタイルの防滑処理をしたときに効果のムラがあることを覚えていたので、実際に確かめておきたいと思ったのが良かったです。

特に今回は、お風呂場で裸足なので、靴よりも更に滑りやすい状況です。


そんな状況なので、一度、ホテルの担当者の方にも来ていただき、防滑処理の8分間放置での結果をお知らせしました。

実際に転倒事故があったので、ホテル側の方はより神経質になっていると感じていたので、ホテル側の方にも協力していただこうと思い、担当者の他に2人の方にも参加していただき、皆さんにも実際に裸足になってチェックしてもらいました。

ダメだしのある部分は、お風呂場にある、桶や洗面器、椅子をタイルの上に置いていただき、再防滑処理の手直しを行いました。

2度目でも効かないところもあり、同じロットのタイルなので、8分でも十分なところや10分を3回やって効果のある所等、本当に効き目にムラがあることを知りました。

こうして、セラミックタイルを全面を皆さんにも協力していただいてチェックして完了となりました。

今夜はホテルの、上層部の方も実際にお風呂に入ってみて確かめるとのことで、最終的な結果が出ることと思います。


セラミックタイルで凹凸があり滑り防止効果があるように見えても、製品によって差があるので、実際に水に濡らしてテストしてみることが大切だと思います。

また、防滑処理も今回のように同じロットのタイルでも効果がマチマチなので、施工後に自分の足で一枚一枚確認することが何よりも大切だと実感しました。
  • セラミックタイルのお風呂は裸足で一層滑りやすくのサムネイル
    1.既存の浴室なので下地を出すための洗いをする
    1.既存の浴室なので下地を出すための洗いをする
  • セラミックタイルのお風呂は裸足で一層滑りやすくのサムネイル
    2.すすぎ洗い後に、水気を吸引する
    2.すすぎ洗い後に、水気を吸引する
  • セラミックタイルのお風呂は裸足で一層滑りやすくのサムネイル
    3.防滑処理中(コツは防滑剤が乾燥しないように追いかけ塗りを続ける)
    3.防滑処理中(コツは防滑剤が乾燥しないように追いかけ塗りを続ける)
  • セラミックタイルのお風呂は裸足で一層滑りやすくのサムネイル
    4.一枚づつ、防滑効果があるかをチェックする
    4.一枚づつ、防滑効果があるかをチェックする

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材・タイルの滑り止め処理』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ