1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 御影石の製品塗布施工

施工事例

御影石の製品塗布施工

あるマンションで、外構の御影石が漏水等で濡れ色が激しくなり、貼り換え工事になってしまったようです。
今回の、石の貼り換え後には、二度と濡れ染みを出さないためにも、コーティング(製品塗布)を先に塗布する対策を練りました。

IMG_7612.JPG


あるマンションで、サブエントランス周辺の外構の御影石床部分が、裏面からの雨水等の吸い上げが凄く、濡れ染みが発生してしまったようです。 何回か貼り換え工事をしたのですが、今回も石自体に濡れ色が発生してしまい、再度貼り換え工事になってしまいました。

そこで今回は、石を貼る前に、浸透性のコート処理をする依頼がゼネコン様より入りました。

石を貼る前にコートを塗布すると、石の乾燥状態が均一なので、石貼り後に行うコート施工よりも、断然にコートの浸透層が均一になります。その結果、裏面からの多少の水分が回ってもしっかりとコートの浸透層でガードしてくれるので効果的です。

今回は、それ以外にも現地の雨水等の侵入経路等も断ち、排水を効果的にするためグレーチングを設けたりしたようですので、貼り換え後の効果に充分に期待が持てそうです。

この日は、晴天で、石の乾燥も良く、施工がとてもしやすかったですが、雨天時等は室内で行うことになり、パレット等から石を並べると、石が湿気ていることもあるので、乾燥に十分に気を使うところです。

石を貼り終わった後に、目地部分も含めて浸透性コートを全体に再塗布すると、目地からの白華防止にもなり、より効果的です。
  • 御影石の製品塗布施工のサムネイル
    1.御影石の製品塗布風景 石を敷き並べてコートを塗布
    1.御影石の製品塗布風景 石を敷き並べてコートを塗布
  • 御影石の製品塗布施工のサムネイル
    2.小口面の塗布も大切です。
    2.小口面の塗布も大切です。
  • 御影石の製品塗布施工のサムネイル
    3.石の上で吸わなくなったコートをウエス等でしっかり拭き上げる
    3.石の上で吸わなくなったコートをウエス等でしっかり拭き上げる
  • 御影石の製品塗布施工のサムネイル
    4.立て掛ける場合は、表面側を合わせ少し隙間もあけて立て掛けます
    4.立て掛ける場合は、表面側を合わせ少し隙間もあけて立て掛けます

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材製品塗布(浸透性吸収防止剤塗布)』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ