1. ケイアンドエス HOME > 
  2. 施工例一覧 > 
  3. 製品塗布(大理石外壁の石貼り前コート)と5年経過報告

施工事例

製品塗布(大理石外壁の石貼り前コート)と5年経過報告

5年前に製品塗布した現場の追跡調査の事例です。

今から5年ほど前の2006年、外壁材に吸水性の高い大理石を使用するとのことで、製品塗布(石貼り前コート塗布)の依頼をいただきました。塗布場所は現場の2階の空きスペースです。

まずパレットから一枚一枚石を引き出して、床に敷き並べます。パレット中はかなり湿気があるので、広げた後にプロパンバーナーで石を乾燥させます。

よく乾燥させた後、刷毛で浸透性の吸収防止剤をたっぷり塗布し、表面に残ったコート剤を綺麗に拭きとります。その後、1日間以上の乾燥養生をしてから石貼りをしていただきました。

今回は上記の施工をしてから5年が経ちましたので、現場に様子を確認してきました。大通りに面している所ですが、外壁の白さを保ち、通常よく汚れる窓下部分の雨垂れなども出ていませんでした。

やはり、十分に効果が出ていますね。
  • 製品塗布(大理石外壁の石貼り前コート)と5年経過報告のサムネイル
    パレットから石を引き出し、2階へ運び並べる
    パレットから石を引き出し、2階へ運び並べる
  • 製品塗布(大理石外壁の石貼り前コート)と5年経過報告のサムネイル
    湿気ている石材はバーナーで乾燥させる
    湿気ている石材はバーナーで乾燥させる
  • 製品塗布(大理石外壁の石貼り前コート)と5年経過報告のサムネイル
    よく乾燥させた後、ハケでコート剤を十分に塗布する
    よく乾燥させた後、ハケでコート剤を十分に塗布する
  • 製品塗布(大理石外壁の石貼り前コート)と5年経過報告のサムネイル
    5年経過後の外壁の写真です。 窓下部分には雨垂れが出ていません。
    5年経過後の外壁の写真です。 窓下部分には雨垂れが出ていません。

このトラブルを解決したサービスメニュー

その他の『石材製品塗布(浸透性吸収防止剤塗布)』の施工例

ご相談・お問合わせ・現場調査の依頼はこちら
ページの先頭へ