写真の取り方(参考例)

メンテナンスの実施をご検討されている現場の写真を見せていただけると、よりスムーズにご対応できます。写真は普通(200万画素以上)のデジカメで撮っていただければ十分です。

まず、現場の全体像を2か所、角度を変えて撮っていただけると、雰囲気がつかめます。

例)写真1、写真2では、御影石についた油汚れの全体的な状況がつかめます。

次に、寄った(アップの)写真、特に汚れやシミなどが目立つ箇所や、重点的に施工して欲しい箇所の写真を数枚、撮っていただけるとありがたいです。

例)写真3で、シミの全体像と、箇所(2か所)がつかめます。
   写真4 テープシミの例です。

送っていただいた写真を拝見してみて、もし分からないことなどがあればメールやお電話でお聞きしますので、あまり難しく考えずに撮ってみていただければ大丈夫です。

サブウィンドウを閉じる